お気楽Dinksえぃみ~のBlog

食べ飲み、旅行、史跡めぐり、写真、資格勉強、雑記など統一性がない、カオスなBlogです。

聴力もある程度は訓練が必要

またまた思いついたことを書きます。

聴力の低下について。(ご高齢の方の耳が聞こえないという聴力の低下とは別です。)

 

TOIECの勉強をしていて気付いたこと。

昔聞き取れた音が聞き取れなくなっている。

高校、大学での留学経験を生かして、Listeningでほぼ点数を稼いでいたので、これはつらい。

普段英語を使わないから、昔みたいに話すことができないのは、納得なんですが・・。聞き取れていた英語が聞き取れなくなるって意外でした。

 

話は変わって、昔3歳~16歳までPianoを習っていました。

小さい頃から始めていたので、絶対音感です。(だったが正しいですね)

今でも音は全てドレミで聞こえます。

その時は、ピアニストになる!とか意気込んで、聴音という珍しい習い事もしていました。

先生が演奏して、すべて楽譜に書き起こす練習をする習い事。

結局は、それも含めてお習いごとで終わったんですが。

 

最近ふと思い立って、絶対音感のテストをしてみました。

短音はちゃんと聞き取れるんですが、和音になったりすると、聞き取れてない音がわりとありました。昔は聞き取れたのに。

もうこれは絶対音感ではなくなってるんだけど。

 

 

そこで、私の結論。

医学的、科学的な根拠なしです。

結局、言語も絶対音感も、ある程度は小さい頃に身に付くものっていうのもあるけど、普段から耳も使って鍛えていないと、聴力は落ちる。

 

 

そういえば、最近、速読も習っていて(習い事が多くて、ですいません・・)

先生が言ってました。

速読も筋トレと結局は一緒。普段から使って鍛え続けないと速読も意味がないって。

速度も眼と脳の筋トレのようなもの。

 

やはり何事においても日々の努力が大切なんですね。

努力でなく、普段から使うってなれば楽なんだけど、必ずしもそういう環境に身を置けるわけでみないので・・。

あらためて継続した努力が大切なんだと思いました。

 

 

 

//